[リストへもどる]
一 括 購 読

投稿時間:2014/07/01(Tue) 08:59
投稿者名:ポチ
Eメール:
タイトル:懺悔
去年の1月僕は倒れた
色々な物を失った。左の視界。左半身の感覚。感情。物事を考える力。
君が好きだと言ってくれた歌声。病室で説明を受けて全部理解した時絶望した
君は何度もごめんねと謝ったでもその時の僕には理解ができなくて
ただ大丈夫だからと言うしかなかった入院中は真っ直ぐ歩くことが出来ずに壁や人によくぶつかった。そのたびに君が手をつないでくれて僕を行きたい場所まで連れて行ってくれた
そんなリハビリ生活の中一時退院が認められ僕は一日だけ家に帰ることが出来た。でもその日の夜僕は見てしまった。君の日記を僕が倒れた数日後「私がもっと早く気付いてあげていればこんなに痛い思いさせなかったんだよね?ごめんなさい本当にごめんなさい私が代わってあげられれば楽になれるのにねごめんなさい   苦しい。もう死にたい」
この日から僕の君への態度が変わったねいきなり冷たくなって口が悪くなったし君をバカにしたような態度をとるようになった
それは退院しても変わらず続いた。それから半年僕らの関係は終わったでも君が未練をもっているのが分かっていたから僕は僕を嫌わせる為に色々なことをした君と連絡を取らなくなった頃僕は共通の友達にも嫌われるように仕向けた。君は友達がそんなに多い方じゃなかったからねそうすれば友達は君側に付くしかなくなるでしょ?
今では新しい彼氏ができてるようですごく安心したよ
こんな体の僕じゃ君の未来をつくれないから誰かを幸せになんてできないから。なによりきみをあそこまで追い詰めてしまった僕には幸せになる資格なんてないから。僕は今日も一人で君と撮った写真を見ながら思い出の中で生きているよ。君がくれたたくさんの優しさを思い出しながら。いつ壊れるかもわからないこの体で
最後に
悲しい思いや辛いおもいばかりさせてごめんね。でも君の幸せを本当に心から願っているよ君の幸せの中に入れないのは辛いけどそれがきみを傷つけたぼくの責任だからちゃんと背負うよ。来世では必ず約束を守るから。自分勝手な僕でごめんね それじゃまたね。



- Web Forum -