[リストへもどる]
一 括 購 読

投稿時間:2014/08/07(Thu) 00:32
投稿者名:ホットコーヒー
Eメール:
タイトル:月夜の晩にとじこめられて
月夜の晩にとじこめられて
気づけば浜辺に 月影が映す2人ぼっち
暗がりのしじまに 潮騒のシンフォニー
波音にゆだねた 鼓動のリズム 踊るようにダンシング
ただだまって remain silently 気づけばからむ指と
近づく視線 ふれたくちびるの感触 やさしく 甘い

cheers 乾杯の合図 星のかけらが流れていく
夢見心地で 意識がとぶ宇宙 with you
となりで寄り添うあなたと あの月のむこうの果てのほうまで
ワルツ はじまって 刻む ステップ まわるまわる
酔えるatmosphere このまま 
くちずさむ 心のままに あるがままのかざらない
ロマンチックな 言霊 はじけて ときめく 光の
またたき とてもきれいで おとぎの国のような
甘美な妖艶さにすっかりやられてめまい

誰かの言葉を借りて なんて そんなの陳腐に思える
このfeeling 名づけようのない あいまいで劇的な
表情をみせる 乱れた血脈 あなたと触れ合っていたら
溶けてしまいそうになる みみもとでささやく魔法の
吐息で 色づいた 心の華やぎ
もう帰れない 元通りの あの場所 ここまで
きてしまったのだから 
天使の戯れのように 羽がやさしく頬をなでて
風が肩を奇妙にすりぬけて・・・・



- Web Forum -