詩集-poetry-
[記事リスト]

投稿時間:2014/03/23(Sun) 02:34
投稿者名:ホットコーヒー
Eメール:
タイトル:ちらりゆらりほろり

さびしげにゆれる みなもにうつる夜のともしび
ため息ひとつ こぼせばほら ちらりゆらりほろり
面影 心に浮かべて 憂える昔の思い出のなきがらに
想いをはせてひたすら 狂おしさと愛おしさとはかなさの
シンフォニー からみあう音と光の糸が奏でる
遠くの記憶のかなたが映す なつかしいかぎりの
記録のスクリーン おぼろに たなびくかすみのように
懐かしいとだけ 感情が泣く それ以上それ以外の
言葉見当たらず 震えそう なんだろうこれ この気持ち
まるでテレポーテーションしたみたいとはいかないけど
リアリティとかほど遠いような感覚 それでも まるで
夢の中みたいに

今更 何を そこに意図したいのだろうか
今更 時計仕掛けの魔法が かなえられて あの場所に
帰れたところで 何を意図するの 何をのこそうとするの
何かのぞんでも 空虚に 浮かんでは消える 
夜空の花火のように はかなげに 風がさらう
さらわれた末は何億光年の 闇の中に 吸い込まれてどこへやら
またね またね どこかで光の再来 またね またね
どこかの光の中で 会えたらね うらららら 


以下は関連一覧ツリーです。

このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい。

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
プレビュー

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -